目の下のたるみ・頬のたるみを解消したいけれど、何を使っても効き目が感じられないという経験は有りませんか?「本当にたるみに効く成分は何か?」を徹底検証することで、たるみの目立たない理想的な肌へ導いてくれる化粧品を厳選しました。たるみだけでなく、ほうれい線・二重あご・たるみ毛穴など、たるみからくる肌のお悩みをお持ちの方はこちらをご覧下さい。

どうして目の下や頬にたるみが現われるの?その原因とは

コラーゲンが分断される

加齢や紫外線によるダメージで真皮層にあるコラーゲン・エラスチンなどの繊維組織は分断されてしまいます。そうすると、肌の弾力が失われてしまうので、肌がだんだんゆるんできます。

活性酸素によるダメージ

ストレスや紫外線によって産出される活性酸素がコラーゲンを攻撃することで、真皮層がダメージを受けてしまいます。しかも、加齢とともに活性酸のに対する抵抗力が低下するため、ますますダメージを受けやすい状態に・・・。

しぼんだ脂肪を支えきれない

顔に付いた脂肪は加齢とともに徐々に減少していくため、脂肪がしぼんでしまいます。加齢により筋肉が凝り固まってしまうと、しぼんだ脂肪を支えることができなくなってしまい、たるみが生じます。
真皮層がスカスカで皮膚を支えられなくなってしまう!

肌にハリや弾力を与えているのが、真皮層のコラーゲンです。そしてこのコラーゲンを束ねているのがエラスチンです。たるみが生じている肌は、エラスチンが分断されて、コラーゲンの束がばらばらになっている状態なんです。コラーゲンの1本1本はとても弱いため、どんどんプチプチと切断されていきます。これを放っておくと、どんどんたるみが酷くなっていくので、コラーゲンの密度を取り戻すケアが必要となってきます。

目の下のたるみ・頬のたるみを解消するための3つのポイント

コラーゲンの分断を防いで弾力を取り戻すこと

たるみを解消するには肌に弾力を取り戻すことが必要不可欠。そのためには真皮層の「コラーゲン」とこれを束ねる役割をもつ「エラスチン」を生み出し力を高める必要があります。つまり、コラーゲン・エラスチンの生みの親である「繊維芽細胞」の活力をアップさせる成分を真皮に届けることが必要です。

活性酸素を除去すること

真皮層のコラーゲンにダメージを与える活性酸素は、紫外線・ストレス・加齢によって日々絶え間なく生み出されています。つまり、毎日のスキンケアで活性酸素を除去しない限り、どんどん肌に蓄積されていくわけです。したがって、抗酸化作用のある美容成分を肌の隅々まで浸透させる必要があります。

しぼんだ脂肪をしっかりと支えること

加齢とともに脂肪がしぼんでしまうのは避けることはできません。しかし、しぼんだ脂肪がたるまないように、筋肉でしっかりと支えることができれば、たるみは目立たなくなります。凝り固まった筋肉の緊張をほぐして支えられる状態に導くことが大事です。マッサージが良いかも・・・と思われるかしれませんが、目の下を刺激するとクマの原因にもなりかねないので、筋肉のコリをほぐす成分でケアするのがベスト!

目の下のたるみ・頬のたるみたるみを解消するにはどんな化粧品を使えばいいの?

たるみに効く成分が配合されているのは「ビーグレン」!

 繊維芽細胞の活力をアップさせる成分を配合
⇒ コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化する成分「マトリキシル3000」「小麦ペプチド」を配合しています。
 活性酸素を除去する成分を配合
⇒ 抗酸化作用のある成分「ビタミンC」「ラズベリーシードエキス」を配合しています。美容液にはビタミンCが7.5%という驚異的な高濃度で配合されています。
 筋肉のこりをほぐす成分を配合
⇒ マッサージすることなく筋肉のこりをほぐす成分「アルジルリン」を配合しています。アルジルリンは塗るボトックスといわれるほど強力な効果が期待できる成分です。


これらの成分を世界特許の浸透テクノロジーで真皮まで確実に届けるのが他にはないビーグレンだけの決定的な強み!